関元(かんげん)養生灸のススメ

category : ツボ 2012.2.11

CV4.関元(かんげん)

ツボの場所

cv4関元(ツボの位置)

ポイント

関元穴はおへそと恥骨結合の間にとります。恥骨結合はおへそから指を下におろしていくと、指が止まる所がそうです。

おへそから恥骨結合の長さを3/5下がったところが関元穴になります。

尿もれや遺尿、頻尿、月経不順、不妊症、下痢などを治します。

せんねん灸や棒灸、直接灸を使うのがよいでしょう。

使用頻度

★★★★★

詳細

経絡:任脈

取穴部位:下腹部、前正中線上、臍中央(神闕穴)の下3寸、水道穴、気穴穴と同じ高さ

取穴方法:神闕と曲骨とを結ぶ線の中点の下方5分にとる

要穴:小腸経の募穴

筋肉:白線

知覚神経:肋間神経前皮枝、腸骨下腹神経前皮枝

血管:浅腹壁動脈、下腹壁動脈



スポンサードリンク

サイト内検索

ブログランキング

アクセスカウンター

Copyright(c) 2012 養生灸のススメ All Rights Reserved.