巨闕(こけつ)養生灸のススメ

category : ツボ 2012.2.11

CV14.巨闕(こけつ)

ツボの場所

cv14巨闕(ツボの位置)

ポイント

巨闕穴はみぞおちの少し下にあるツボです。

おへそからみぞおちの長さを8とすると、おへそから6上ったところが巨闕穴になります。

つまり、みぞおちから1/4下がったところがそうです。

胸痛や心痛、動悸、もの忘れ、ヒステリー、黄疸、下痢、しゃっくり、吐血、消化不良などを治します。

せんねん灸や棒灸、直接灸、指圧などをするのが良いでしょう。

使用頻度

★★★☆☆

詳細

経絡:任脈

取穴部位:上腹部、前正中線上、臍中央(神闕穴)の上6寸、胸骨体下端の下2寸、不容穴、幽門穴と同じ高さ

取穴方法:中庭と神闕とを結ぶ線を4等分し、中庭から4分の1のところに取る

要穴:心経の募穴

筋肉:白線

知覚神経:肋間神経前皮枝

血管:肋間動脈、上腹壁動脈



スポンサードリンク

サイト内検索

ブログランキング

アクセスカウンター

Copyright(c) 2012 養生灸のススメ All Rights Reserved.