COPDに対して鍼灸治療を行い息切れを改善する養生灸のススメ

category : 鍼灸治療 2012.1.25

鍼灸治療では

慢性的に息切れが起こり、活動量が減ることで生活の質も下がってしまう病気に「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」があります。このCOPDは将来的には世界の死亡原因の第3位になるとも言われている病気です。今後増えていくであろうCOPDですが、現在では完治する治療法はありません。そのため、症状の進行を阻止して生活の質を保つための治療が必要になります。鍼灸治療もCOPDの患者さんの助けになることができますので、今回はどのように鍼灸治療を行っていくのかについて考えていこうと思います。

COPDとは

COPDの主な原因はタバコです。長年タバコを吸ってきた人は、肺にダメージがたまっており、気管支や肺胞に炎症が起こることで、肺の中の空気の流れが悪くなって息切れが起こります。要は、タバコを吸うことで肺が障害されガス交換ができなくなって酸素不足になってしまう病気です。

最近は臓器移植の技術が発達してきていますが、肺がつかえなくなったからといって交換することはできません。また、薬を使うと障害された肺が元通りになることもありません。そのため、COPDの治療では病気の進行を遅らせるための治療がメインになります。

まずは何と言ってもタバコを止める「禁煙」が重要になります。これはどんなに辛くても必ず実行しましょう。禁煙せずにほかの治療をしたところでCOPDの進行を止めることはできません。それは鍼灸治療を行っていても当然同じことです。まずは何と言っても完全に禁煙することが大前提になります。たばこの量を減らす節煙では効果がないので、必ずやめるようにしましょう。

そのほか、COPDの治療では薬物療法や理学療法、運動療法が行われます。薬物療法では、薬によって気管を広げることで、呼吸を楽にしていきます。理学療法では、正しい呼吸法をトレーニングすることで、少しでも息切れを防ぎ、呼吸を楽に行うようにします。また、息切れがあると動くのが億劫になってしまい、動かないことで筋力や体力が落ちてさらに少し動いただけでも息切れするようになってしまいます。そうすると、最終的には寝たきり状態にまでなってしまうので、その予防として運動療法が大切になります。

このように、COPDは病気の進行を遅らすために、さまざまな治療法があります。これらは、どれも重要でそれぞれ専門のスタッフによって適切な指導を受けて、継続的の行っていく必要があります。

そして、COPDの鍼灸治療ですがこれはほかの治療法にプラスして相乗効果を発揮するために行うのがよいでしょう。薬物療法や理学療法、運動療法を行っても、息切れや呼吸困難がうまくコントロールできない人も鍼灸治療を組み合わせることでコントロールがうまくできるようになります。鍼灸治療も継続的に行っていくのがよいと思います。

呼吸補助筋を緩める

では、どのように鍼灸治療を行うのか考えていきましょう。

COPDの患者さんは息切れや呼吸困難といった症状が現れます。通常であればゆったりと呼吸ができるところを、空気の取り込む量が減っているので何とか吸い込もうと無理な呼吸をしてしまいます。そうすると体に負担がかかり、呼吸を行っている筋肉も疲れてしまいます。呼吸を行う筋肉が疲れると、さらに空気を取り込めなくなってしまい、息切れや呼吸困難感が強まってしまいます。まずはこの悪循環を断ち切ることが大切です。

呼吸を行う筋肉として一番重要なのは横隔膜です。これはみなさん聞いたことがあるのではないでしょうか。ガス交換は肺で行っているのですが、肺は自分の力で膨らんだり縮んだりすることはできません。そのため、肋骨で囲まれた空間に肺を収めて、その一番下で横隔膜が縮んだり緩んだりすることで上手にガス交換を行っています。そこで、COPDの患者さんは横隔膜を使う呼吸法である「腹式呼吸」を普段からしていくことが大切になります。

ですが、この横隔膜以外にも呼吸を上手に行うために働いている筋肉が存在します。それを呼吸補助筋と呼んでいます。横隔膜は体の中になるのですが、呼吸補助筋は体表から近いところにも存在します。当然COPDの患者さんは息切れや呼吸困難のために、呼吸補助筋にも疲れがたまっていますので、鍼灸治療ではこれらの筋肉を緩めることによって、少しでも楽に呼吸ができるようにしていきます。

まず、「中府(ちゅうふ:烏口突起の下指1本分のところ)」がよいでしょう。東洋医学では肺の働きに関係しているツボとして「肺の募穴」があります。この「肺の募穴」は中府のことを指しています。肺疾患の患者さんにはこの中府穴に反応がよく出るので発見されたのですが、このツボの下には大胸筋や小胸筋を触れることができます。まさにこの大胸筋や小胸筋というのは呼吸補助筋で、ここをうまく緩めることで呼吸を楽にすることができます。

このツボに鍼を刺す前に注意しておくことがあります。COPDの患者さんは肺に問題があるため、一度呼吸の状態が悪くなると急性増悪を起こしてしまいます。そのため、鍼灸治療を行う際にもなるべくきつい刺激は行わないようにします。

また、気胸を起こすことは絶対に避けなければなりません。鍼灸治療で気胸を防ぐのはどんな患者さんでも重要なのですが、COPDの患者さんは進行してくるとどんどんと体重が減って体もやせてきます。特に重症の人は筋肉も落ちて体表から肺までの距離が近くなっていることが多いです。そのため、鍼を刺す場合には深く刺さないようにします。

鍼は「鍼管(しんかん)」という筒状のものに鍼を収めて筒の先から出た部分を叩くようにして切皮します。この切皮でおおよそ2~5mmほど鍼が刺さっていることになります。COPDの患者さんは体が痩せていますので、このくらいの深さに刺すだけでも十分な効果が期待できます。多くは鍼を刺したまましばらく置いておく「置鍼」という方法を行います。中府に鍼をした場合もこのように置鍼を10~15分行うことで、かなり呼吸が楽になります。

そのほかにも呼吸補助筋はあるので、そちらのほうも鍼を置鍼していきます。呼吸するときは背中になる肩甲骨が胸と連動して動いています。COPDの患者さんはこの肩甲骨の動きも悪くなっているので肩甲骨回りの筋肉を緩めることでかなり呼吸が楽になります。

肺兪(はいゆ:第3,4胸椎棘突起間の外2cm)」や「天宗(てんそう:肩甲骨の中央)」や「秉風(へいふう:肩甲棘の上、中央)」、「肩外兪(けんがいゆ:肩甲骨上角の少し内側)」などがいいでしょう。これらのツボはやさしく触っていくと、凝っているところが分かります。そこを少し押さえて患者さんが気持ちいいと感じる部分があれば鍼をするといいでしょう。逆に患者さんが「なんとなく嫌な感じがする」というような場所には鍼をする必要はありません。しっかりと患者さんに確認をとりながら行っていきます。

また、呼吸補助筋として少し変わったところで腰の筋肉があります。腰方形筋がそうで、この筋肉上に「腎兪(じんゆ:第2,3腰椎間の外2cm)」があります。東洋医学では呼吸に「腎」も関係していると考えられているのですが、この腎兪に鍼をすることで呼吸を楽にすることが可能です。

脾胃の働きを高める

このように、鍼灸治療では呼吸補助筋を緩めることで楽に呼吸をしていくことを目指します。また、その他のアプローチとして脾胃の働きを高めることも重要になってきます。脾胃の働きを高めるというのは「消化吸収」をよくすることです。

COPDの患者さんは食事などで物を食べる時が特に呼吸しづらいと感じます。そのため、食事があまり食べられなくなることもあります。しかし、食事を食べることができなくなってくると体が痩せてしまい、体力も低下し風邪などにかかりやすくなってしまいます。もし風邪にかかれば急性増悪を引き起こすことにもなるので、しっかりと食事をとれるようにしていきます。先ほど紹介した呼吸補助筋に鍼をすることで、食事中の呼吸困難感も和らげることができます。

また、呼吸がうまくできない状態では「呼吸をするためにカロリーを使ってしまう」ことになり、そのために痩せてくることがあります。そこで、消化吸収の働きをよくして食べたものはなるべくエネルギーに変換できるようにしていくことが大切です。そのため、鍼灸治療では脾胃の働きをよくするツボを使っていきます。

よく使うツボとしては「足三里(あしさんり:膝の下指4本分、脛骨の外1.5cm)」があります。ここは鍼をしても灸をしてもいいでしょう。足三里を刺激することで脾胃の働きを高め、エネルギーを取り込みやすくすることができます。また、足三里穴自体にも呼吸を楽にする効果があるので、一石二鳥というわけです。灸をする場合は灸の煙にむせるようなことがないように十分注意しましょう。

足三里は感染予防の効果もありますので、急性増悪を予防するためにもCOPDの患者さんは初期の人も定期的に灸をしておくとよいでしょう。自宅でせんねん灸などを行いましょう。

まとめ

このように、鍼灸治療を行うことでCOPDの患者さんの息切れや呼吸困難に対処していきます。その際重要なことは、他の治療法と併用してしっかりと体の管理をしていくということです。

鍼灸治療は薬物療法や呼吸理学療法では対処できない呼吸困難などに対しても大きな効果がありますので、COPDに困っている患者さんは積極的に利用していくのがいいと思います。



スポンサードリンク

サイト内検索

ブログランキング

アクセスカウンター

Copyright(c) 2012 養生灸のススメ All Rights Reserved.