‘西洋医学’ Category

ぜんそくは薬物療法でコントロールを目指す

2011-12-30

ぜんそくの治療について ぜんそくは非常につらい症状が現れて、場合によっては命にかかわることもあります。そのため、ぜんそくの患者さんは適切な治療を受ける必要があります。ぜんそくの治療は、この20~30年間に大きく進歩し、ぜ…続きを読む

薬の副作用(スティーブンス・ジョンソン症候群・横紋筋融解症)について

2011-12-27

副作用には気を付けよう 薬は病気や症状を治すために使います。それはつまり、現在の体の状態を変化させる効果があるということであり、その結果として不必要な変化(副作用)が現れることもあります。 この副作用を可能な限り減らすた…続きを読む

膀胱瘤(膀胱脱)について

2011-12-25

膀胱瘤とは 「膀胱瘤(ぼうこうりゅう)」は、膀胱が膣壁と一緒に下がって、膣から出てくる病気で、不快感のほか排尿にも影響を与えることがあります。入浴の時に股の辺りにピンポン玉のようなものが触れるなどで気づくこともあり、びっ…続きを読む

水虫の治療薬について

2011-12-17

水虫の治療について 水虫は真菌(カビ)の一種の「皮膚糸状菌(白癬菌)」が皮膚の角質層に感染して起こります。白癬菌の感染はさまざまな部位で起こりますが、そのうち足と手に起こったものを水虫と呼んでいます。 白癬菌は角質層の成…続きを読む

薬ののみ合わせについて

2011-12-16

思わぬ副作用を防ごう 薬には病気を治すためにさまざまな効果があります。通常は適切な量を摂取することで効果を発揮しているのですが、思わぬことで体に悪影響を与えることがあります。その中でも「薬ののみ合わせ」には意外なものが危…続きを読む

腫瘍マーカーについて

2011-12-15

がん発見の手がかり 最近はがんを見つけるために「腫瘍マーカー」というものを調べることが多くなってきています。皆さんはこの腫瘍マーカーがどのようなものか知っているでしょうか?実は検査で腫瘍マーカーの数値が高ければすぐにがん…続きを読む

B型肝炎について

2011-12-13

危険で身近な感染症 身近には危険な感染症というものがあります。今回紹介するB型肝炎もその一つです。このB型肝炎の患者さんは日本で100万人以上もいるといわれていますので、他人事ではありません。どのように感染し、どのような…続きを読む

鼡径ヘルニアとは

2011-12-11

鼡径部の膨らみ 太ももの付け根の上辺りが膨らむ病気に「鼡径ヘルニア」があります。鼡径ヘルニアは子どもにも大人にも起こる病気です。特に大人に起こる場合には、中高年の男性に多くみられます。今回は、大人に起こる鼡径ヘルニアにつ…続きを読む

子宮体がんとは

2011-12-09

増える子宮体がん いまやがんは国民病ともいえる病気です。そのがんのなかで、女性に4番目に多いがんとして「子宮がん」があります。この子宮がんはがんのできる部位によって2つに分かれます。1つは「子宮頸がん」で、もう1つは「子…続きを読む

子宮頸がんとは

2011-12-08

女性特有のがん がんは誰にでも起こり得る病気ですが、男女の体の違いにより女性だけに起こるものとして「子宮がん」があります。通常はがんというと加齢が大きな原因になるのですが、子宮がんのなかには20歳代でもなるものもあります…続きを読む

スポンサードリンク

サイト内検索

ブログランキング

アクセスカウンター

Copyright(c) 2011 養生灸のススメ All Rights Reserved.