‘病気’ Category

鍼灸治療におけるB型肝炎の感染予防について

2011-12-14

鍼灸治療現場では 鍼灸治療では当たり前ですが、患者さんの体に鍼を刺します(刺さない鍼もあります)。鍼を刺すときごくまれに微量ですが出血する場合があります。このことからB型肝炎のような血液などを介して感染する危険性はないの…続きを読む

B型肝炎について

2011-12-13

危険で身近な感染症 身近には危険な感染症というものがあります。今回紹介するB型肝炎もその一つです。このB型肝炎の患者さんは日本で100万人以上もいるといわれていますので、他人事ではありません。どのように感染し、どのような…続きを読む

鼡径ヘルニアと鍼灸治療

2011-12-12

鍼灸治療では 今回は鼡径ヘルニアに対しての鍼灸治療がどのように対応するのかを考えてにようかと思います。基本的には鼡径ヘルニアは手術を行うものであり、特に嵌頓ヘルニアなどは命にかかわることもあるので、注意が必要です。このよ…続きを読む

鼡径ヘルニアとは

2011-12-11

鼡径部の膨らみ 太ももの付け根の上辺りが膨らむ病気に「鼡径ヘルニア」があります。鼡径ヘルニアは子どもにも大人にも起こる病気です。特に大人に起こる場合には、中高年の男性に多くみられます。今回は、大人に起こる鼡径ヘルニアにつ…続きを読む

子宮がんと鍼灸治療

2011-12-10

鍼灸治療では 現在日本人の女性では、新たに診断されるがんとして子宮がんが4番目にあがります。子宮頸がんは若い世代(20歳代)からなる人も増えており、子宮体がんも多くおられます。そんな子宮がんの患者さんが鍼灸院に来院される…続きを読む

子宮体がんとは

2011-12-09

増える子宮体がん いまやがんは国民病ともいえる病気です。そのがんのなかで、女性に4番目に多いがんとして「子宮がん」があります。この子宮がんはがんのできる部位によって2つに分かれます。1つは「子宮頸がん」で、もう1つは「子…続きを読む

子宮頸がんとは

2011-12-08

女性特有のがん がんは誰にでも起こり得る病気ですが、男女の体の違いにより女性だけに起こるものとして「子宮がん」があります。通常はがんというと加齢が大きな原因になるのですが、子宮がんのなかには20歳代でもなるものもあります…続きを読む

閉塞性動脈硬化症と鍼灸治療

2011-12-07

鍼灸治療では 少し歩いたら脚が痛くなり、立ち止まって休憩しないと歩けなくなってしまう「閉塞性動脈硬化症」という病気があります。この閉塞性動脈硬化症は進行すると潰瘍や壊死を起こすこともある病気です。そんな病気を持つ患者さん…続きを読む

閉塞性動脈硬化症とは

2011-12-06

脚の痛み 歩いていると脚が痛くなる病気があります。人間は二足歩行の動物なので脚が動かないと生活に大きな支障が出ます。そのため、適切な治療を行い、歩くことができるようにせねばなりません。 しかし、脚の痛みと聞くと、つい筋肉…続きを読む

入れ歯と鍼灸治療

2011-12-05

鍼灸治療では 鍼灸治療を受けに来ている患者さんの中にも、入れ歯の問題を訴える方は多くおられます。当然入れ歯に問題があるのならば歯医者に行って調整してもらわねばなりません。しかし、入れ歯の調整にはある程度時間がかかるもので…続きを読む

スポンサードリンク

サイト内検索

ブログランキング

アクセスカウンター

Copyright(c) 2011 養生灸のススメ All Rights Reserved.